狭小住宅

狭小住宅

狭小住宅のメリット

狭小住宅

都心部で家を建てたい人は高い地価が障害になりますが、小さな土地なら比較的安価で手にいれることができます。
また、床面積が少ないため維持費や光熱費が抑えられ、土地面積が小さいため固定資産税を抑えることができます。

都市部に家があれば、普段の買い物や通勤通学にも便利ですね。
交通インフラが整っていれば、自動車を持たなくても生活できるので、ガソリン代や駐車場代、税金や保険料もかかりません。 まとめると、都市部に住める利便性と、維持費が抑えられることにあるといえそうです。

狭小住宅のデメリット

狭小住宅

隣の家や自分の家からの音漏れを遮断するために、防音対策が必要です。
また、床面積を増やすために地下室をつくろうとすると、それが原因でコストが高くなることが多いそうです。

狭小地や変形地は、小さな路地にある土地も多いと聞きます。
建設時には独特の間取りから工期がかさみ、人件費がかかってしまったり、大型車両が横付けできないために資材の運搬コストがかさんでしまったりすることもあるようです。

あまり多くの家具や物を所有すると狭くなりがちなこと、また、すでに周りが建物に囲まれていることも多いのがデメリットだといえます。

オリエントホーム オリエント住宅販売 オリエントの賃貸「オリ賃貸」 オリエント住宅販売 中国語
このページのトップへ