木造住宅

木造住宅

木造住宅のメリット

1.

木造住宅は工期が短く、建設コストが抑えられますので、その結果、価格は比較的安くなることが大きなメリットです。
また、日本の気候風土に適しているのもメリットといえます。

木は、室内の空気が乾燥する冬場に、今まで蓄えられていた水分を空気中に放出してくれるため湿度を保つ効果があるといわれています。
梅雨のように湿気が高い季節には空気中の水分を吸収してくれ、さらに通気性にも優れているため、四季があり湿潤な日本の気候風土に適しています。

木造住宅のデメリット

1.

遮音性が低いのは残念なところ。
部屋同士の仕切りの壁が薄いケースも多く、生活音が響きやすいのはデメリットです。

鉄骨住宅に比べ気密性が低いため、冷暖房が効きにくいのも不満を持ちやすいポイントです。
冷暖房が効きにくければ光熱費が高くなってしまうおそれがあります。

また、木造という特性上、耐火性が低いため建物火災の際にいちはやく火が回ってしまいます。
しかし「表面は焼け焦げても、中身まで燃えるには時間がかかる」という側面もあり、火事が起こればただちに全体が崩壊しまう、というわけではありません。

オリエントホーム オリエント住宅販売 オリエントの賃貸「オリ賃貸」 オリエント住宅販売 中国語
このページのトップへ